ギター弦

ギター弦にも色々と特色があります。特に比較されるのが「ブロンズ」と「フォスファー」です。
「ブロンズ」と「フォスファー」の違いは合金の配合率(リンの含有率)の違いで、もともとは弦の寿命を伸ばすためにリンを配合したのが「フォスファー」だといわれています。
一般にブロンズは「落ち着いた音」フォスファーは「きらびやかな音」といわれますが、「ブロンズでいい音がするギターが本当に良いギター」という意見もあり、どちらを選ぶかは好みというしかありません。

1-10品を表示 [ 全4品 ] | 1 |

Entry 2015/08/13
No.23

Martin シルク&スティール

柔らかな指触りのフィンガーピッキング向き。

Martin シルク&スティール をもっと詳しく

Entry 2015/05/14
No.15

Entry 2015/05/12
No.22

Martin MARQUIS PHOSPHOR BRONZE

マーチンのギターにデフォルトで張られている高級弦。
エリック・クラプトンも愛用しています。

Martin MARQUIS PHOSPHOR BRONZE をもっと詳しく

Entry 2013/03/09
No.16

Elixir エリクサー

巻き弦の表面に特殊なコーティングを施し、通常のギター弦より3倍~5倍長持ちします。

Elixir エリクサー をもっと詳しく

1-10品を表示 [ 全4品 ] | 1 |

アイテムサーチ

インポートギター価格比較

値動きの激しい輸入ギターの価格を毎日チェック!

楽器店リンク

通販楽器販売店のリンク